出会い系サイトが危険だと言われる理由

最近増えているのが、ポイント換金制を導入している出会い系サイトです。
これは、サイトを利用することでポイントがたまり、それを使ったり換金できたりするシステムのことですが、こうしたサイトの利用者の中にいる「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちに注意すべきです。

実は、出会い系サイト利用者の中には、恋人探しを目的として出会い系サイトを利用しているわけではなく、サイトを利用することでたまるポイントを目的として出会い系サイトを利用する人のことをいいます。
キャッシュバッカーはサクラではない、ちゃんと登録した人ですし、テンプレートの文面を返信するプログラムでもないので、判別しづらいのですが、実際に会おうとせず、ただメールのやりとりのみ要求するような相手とはそれ以上深入りするより、新しい相手を探す方が出会いの近道だということです。私の知人の中には、私が出会い系サイトを利用していると聞くと、危険な目に遭わないかと心配する人もいるのですが、これまで利用してきたなかで、危険な目に遭ったことはありませんでした。

危険な目を回避するためには、サイト上でやりとりしている段階ではこちらの本名や住所について教えるような真似はせず、かつ、人の多いカフェやファミリーレストランなどを待ち合わせ場所に指定すれば、安心して出会いに至れるでしょう。

このほか、出会い系サイトで危険な目に遭うことを避けるためには、初対面でのドライブなど、二人で密室に入ることになるような事態は避けるべきです。また、よく知らないうちから夜に待ち合わせするような人についても、できるだけ避けるべきです。

新たな出会いを期待してオンラインゲームや出会い系のサークルに参加する人もいますが、本来の趣旨とはずれてしまっていることもあり恋人探しだけを目的に参加している人は出会い厨とよばれどの場でも好印象はもたれません。
出会い目的であれば全員が同じ目的である出会い系サイトの方が適しています。
周りを無視して後ろ指さされるよりも目的が同じで趣味を共有できる相手を出会い系サイトで探した方が効率がいいでしょう。
スマホアプリの使用者の大半の人は、LINE利用者ではないでしょうか。それほどラインは最も身近なツールです。
最初の出会いが出会い系だった相手とも、ラインでやりとりができれば更に関係を発展させられますね。
ただし、ライン交換も注意が必要です。尋ね方によっては、メールさえ拒否されることもありますから、ラインIDを聞くときは、相手の反応を見ながら慎重にすすめることが必要でしょう。

異性と出会うために立ち飲み店を訪れる方がいるようですが、お酒で相手が良く見えているだけというそんな話ばかりが聞かれます。また、立ち飲み店のような大衆的なお店を利用している異性が、気持ちが冷めていきますね。
職場に異性が少ないという人であっても、出会い系サイトで休日を楽しんでいますので、自宅に居ながら恋をしたいなら、一緒に飲むのは後にして、出会い系サイトなどを活用することで、良い人と巡り合えるでしょう。

学生の頃とは違い、社会人になると、異性と出会いたいと思っていても、とても難しいのではないでしょうか。毎日、同じように会社と職場を行き来しているだけでは、異性と出会うチャンスは無いに等しいと言えます。

そんな方は、通勤時間を有効活用して、出会い系サイトを利用して異性とのメールのやり取りをしてはいかがでしょう。
ネットでの出会いなんて、と思う人もいるかもしれませんが、異性とメールするだけでもルーチン化したマンネリ生活の刺激になり、前向きな感情を持つことができるはずです。恐喝や美人局等の被害に遭う可能性が、やはり出会い系サイトの利用者にとって最も気になることだと思います。

しかし実際、出会い系サイトで起こる犯罪にかかわるのは、多くが未成年者です。

成人男性が遭遇する犯罪として最も多いと言えるのは、18歳未満と知りながら出会い系で知り合った相手と関係を持ち、結果トラブルとなる話をよく聞きます。そして女性は、性犯罪の被害者となりやすく、サイトで出会った男性を信用して車に乗ってしまい相手の思う場所に連れ込まれるという話が往々にして見られます。
ゲームや仕事効率化などのアプリをスマホに入れている方は多いと思いますが出会い系のアプリを利用している方も徐々に多くなってきています。最終的に個人同士で実際に逢うためだけのアプリもある一方、利用し始めた当初はグループ内で身近な話題を話し合う、そんなアプリが次々と発表されています。
全体のパイが大きいほど共感できる相手と出会いやすいのは確かですがそのアプリが特化している部分に注目したりして自分の使い勝手の良いものをチョイスしてみるのはいかがでしょうか。

SEXできる出会い系

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です